人と自然にやさしく

赤ちゃんから

大人まで

私達は水と塩の交わる海から生まれ

進化してきた生き物だと

言われています。

海に生きていた私達生命がどうして

陸上に上がって生きる事が

できたのでしょうか?

(​連想ゲーム式で考えてみましょう。)

DSC_1047.jpg

  塩,

​×

カラダ,

×

 水,

塩 ✕ カラダ

私達の身体の約70%は水分と

言われていますが本当に水分

で正解なのでしょうか?

汗をかくとカラダから出て来る

液体を舐めるとどんな

味がしますか?

妊婦さんのお腹のなかにたまる

​液体を羊水と言いますが

味はどんな味だと思いますか?

​連想してみよう!

答え : しょっぱい味

 

私達のカラダの約70%は

塩 × 水 が混ざった組成で

​あることが分かっております。

なのでカラダから出て来る液体は

しょっぱい味がするのです。

また

汗や羊水がしょっぱい味がするのも

過去に私達が住んでいた

環境が影響しているとも

言われております。

では?

どのような環境で

私達は生活していたと思いますか?

考えてみよう!連想してみよう!​

, 住む,

答え : 海で生きていた生き物だった

    から​と​言われております。

私達は自分の住んでいた故郷

「海」を進化の過程で遺伝情報として

記録し

カラダに「海」を作り出す事に

成功した生き物だと言われております。​

 

赤ちゃんを育む妊婦さんのおなかの中も

羊水と呼ばれる名称ですが

じつは「海」を作りだしていると

考えられています。

その証拠に母体のおなかの中で

胎児が体重を増しても

​沈まず浮いてられますよね。

​不思議ですね。

( 羊水の味はしょっぱいそうです。)

海がカラダの中を巡っているんです。

​素敵だと思いませんか。

病,

カラダ, 塩,

答え : 生理食塩水 

​​

ここで!なんと!不思議ですね。

塩 × 水のキーワードが

塩と水は

病理学的に生理学的にも

必須なのです。

  

最近では 夏の暑い時期に

水だけ飲んじゃダメ!

塩も一緒にとりなさい

等と言われますよね。

 

​医学界の面でも今までの

塩の常識が

​見直されつつあります。

塩と海と私達のつながチョットは

リンクできてきましたか?

 

次は病気になった時の塩とカラダの

つながりがりを

探って見たいと思います。

 

実はカラダの調子が悪くなり病院で

ICUに入るような患者さんや

一般の患者さんが

ある液体を打つことがあります。

​日本語の名称はなんと

呼ばれているかご存知ですか?

ヒント 生・塩・水

​連想してください。

塩と海と私達のつながチョットは

リンクできてきましたか?

 

次は病気になった時の塩とカラダの

つながりがりを

探って見たいと思います。

実はカラダの調子が悪くなり病院で

ICUに入るような患者さんや

一般の患者さんが

ある液体を打つことがあります。

​日本語の名称はなんと

呼ばれているかご存知ですか?

ヒント 生・塩・水

​連想してください。

カラダの調子が悪くなり病院で

点滴(生理食塩水)を打った

経験ある方もいると

思いますが、どうして?

生理食塩水を使用すると

カラダの調子が

良くなるのでしょうかね?

再度私達のカラダの構造を

分解していくと「塩」のキーワード

​がチラホラ

「塩」は私達人の生命にとって

欠かす事のできない必須ミネラルと

言われてます。本当なのでしょうか?

さらに運動した時、

私達の体の中から出てくる汗の味は

どんな味でしょうか?

また不思議な事に妊婦の中の羊水も水と塩の交わる海の成分と組成が近いそうです。

塩, 水,ヒト,

海でヨガの練習

海,ヒト, 

​年月, 時,

私達のカラダに眠る必要な情報は

長い年月を経てもループし

遺伝を通しシンプルに

伝えられています。

赤ちゃんから大人まで食材の幹であり

人の生命にとって必要な微量元素の

「塩」の重要性を改めて考え直す

きっかけとなる情報になって

いただければと思います。