​石垣の塩

コラム

人と自然にやさしく

料理に合う塩の選び方

石垣の塩 > コラム > 料理に合う塩の選び方

料理や食材別に変えよう!塩の選び方

~野菜料理にも肉料理にも沖縄のおいしい塩を~

料理の味付けに欠かせない塩。一口に塩といっても、大きく分けて海塩・岩塩・湖塩の3種類があり、料理や食材によって合う・合わないがあります。塩と料理の相性についてご紹介しますので、ぜひ使い分けてみてください。

塩の種類と料理の相性

塩には大きく分けて3種類あり、主要なミネラル成分(ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウム)の量も異なります。

 

以下に塩の種類と成分、料理の相性についてまとめました。おいしい塩選びにお役立てください。

 

海塩×日本食

海水を原料としている海塩はナトリウムだけでなく、マグネシウム・カルシウム・カリウムなど様々なミネラル成分を含んでいることが特徴です。

 

おにぎり、生の刺身、魚料理などの日本食とよく合います。また、野菜サラダのドレッシングにもぴったりです。

 

岩塩×肉料理

塩の化石といわれる岩塩は、アメリカ大陸やヨーロッパといった海外で生産されています。周りの土や岩からミネラルや硫黄などの成分を取り込み、ピンクや黄色になった岩塩も存在します。

 

長い時間をかけて結晶化しているため、かなりスパイシーな塩辛い味が特徴です。そのため、素材の味を活かす肉料理とよく合います。特に、肉を柔らかくしてくれる成分を含んでいることから、やや硬い赤みの肉との相性は抜群です。

 

湖塩×煮込み

料理湖塩はやさしくマイルドな風味が特徴です。長時間煮込むことで甘みが出る特徴があるため、煮込み料理に適した塩といえます。また、さっぱりしたマリネや浅漬けなどの味も引き立ててくれます。

塩の種類と料理の相性を知ることで、素材の味を引き立てることができます。

 

様々な料理に使える海塩を通販でお求めでしたら、沖縄・八重山諸島・石垣の塩をご利用ください。石垣島の名蔵湾からくみ上げた海水を3日間釜で煮詰めるというシンプルな製法で作ったおいしい塩です。野菜やスープとの相性が良い細かい粒の塩と、肉との相性が良い粗塩を用意しています。

 

全国からお取り寄せ可能ですので、おいしい塩をお求めの方はぜひどうぞ。