​石垣の塩

コラム

人と自然にやさしく

沖縄の塩の特徴についてご紹介!

石垣の塩 > コラム > 沖縄の塩の特徴についてご紹介!

おいしい塩!沖縄の塩の特徴

沖縄の塩を通販でお取り寄せするなら石垣の塩までお問い合わせください。

業務用やお土産に最適な商品を取り揃えております。

海塩というと、「沖縄」をイメージされる方も多いのではないでしょうか?沖縄では塩のことを「マース」と呼び、マース煮といった料理が昔から親しまれてきました。なぜ沖縄の塩が有名なのかを様々な視点から考察していきたいと思います。

なぜ沖縄の塩は甘くておいしいのか

沖縄はサンゴ礁でできている島

沖縄はサンゴ礁が隆起してできた島です。このサンゴ礁においしい塩の秘密が隠されています。サンゴ礁は光合成を行っています。

 

この光合成の際に、海水を浄化するだけでなく、ミネラルを放出しています。このため、キレイな海水+ミネラルと、おいしい塩を作るための条件が備わっているのです。

海水を汚す原因となるものが少ない

海水を汚す原因となる工場が少ないという点もおいしい塩を生み出す要因です。沖縄県には大きな工業地帯がないため、工場がほとんどありません。

また、沖縄の海は黒潮という暖流が流れています。暖流が流れる地域の海は、濁りが少なく透明という特徴があります。その理由は、暖流にプランクトンや微生物を分解する働きがあるからです。

 

沖縄の塩は甘くておいしい

沖縄の塩は「甘くておいしい」と言われています。サンゴ礁の海水を活用した塩づくりがおこなわれている為さらにサンゴミネラルを含んだ甘みのある塩ができあがるのです。

 

およそ150種類もの種類がある

沖縄にはおよそ30か所の製塩所で150種類にも上る塩を作っています。塩の味は製法や産地で味が異なるため、用途に応じて様々な塩を使い分けることができます。こうした「塩」にこだわる文化もおいしい塩ができる背景になっていると考えられます。

沖縄の海塩を通販でお取り寄せするなら、沖縄・八重山諸島・石垣の塩の商品をご利用ください。沖縄の離島石垣で作られた塩をご用意しています。

 

海がキレイで自然が豊かな石垣では、おいしい塩がお土産としても人気です。ぜひ、一度甘みのある石垣の塩をお試しください。